人間の理想的な睡眠時間は一日当たり7時間とも8時間とも言われていますが、これは人生の中で3分の1は睡眠時間と言うことになります。寝ている間には新陳代謝が行われるなど人間が生きる上で睡眠はとても大切な位置づけになるわけですが、この睡眠時間をさらに有効活用して、体の冷えを解消することができます。寝ている間に冷えを解消するということは、体温を上昇させてくれるので基礎代謝や新陳代謝を活性化することにもなりますし、体が冷えて寝付けない人にとっては快眠できる効果も期待できます。

 

それが「サンマット」です。家庭用遠赤外線温熱治療器として開発されたサンマットは、医療機器としても認証されているほどの効果や効能を持つ電気マットとして人気があります。例えば、寝ている間に筋肉の疲れをさっと解消したり、血行を良くすることによって筋肉や神経の疲れを解消して痛みやダメージを軽減したり、また、体を温めることによって内臓の働きを活性化できるという効能もあります。

 

ただの電気マットではなく遠赤外線を使った温熱マットなので、体をバランスよく温めることができるだけでなく、温めすぎたり温められていない場所が発生する心配もありません。

 

サンマットは温度を調整できるので、寒い季節なら電気敷布のように使うこともできますし、温かい季節でも温度を下げて使用するのがおすすめです。眠る時に寒いからといきなり高温で始めるよりも、最初は低温からスタートして、慣れてきたら少しずつ温度を上げていった方が体にとってはより大きなリラックス効果が期待できます。

 

季節を問わずに毎日使いたいサンマットは、長さ158pの全身マットタイプの他にも、お腹にサッと巻いたりひざ掛けとして使って下半身の冷えを予防できる腹巻タイプなどがラインナップされています。毎日の生活の中に上手に取り込み、体の冷えを防いであげることは、基礎代謝をアップして冷え性解消できるとともにダイエット効果も期待できます。

 

サンマットの詳細を見る