気温がぐんと高くなって暑くなる夏には、冷え性も自然に改善されると思っている人は多いと思います。しかし、夏だからと言って冷え性が改善されることは意外と少なく、夏にこそ冷え性が悪化してしまう人は少なくありません。

 

夏の冷え性に拍車をかけているのは、ずばり「エアコン」。外が暑いからと言ってエアコンをガンガンにつけ、冷風が直撃する場所に座って快適に涼んでいる人は、夏の冷え性には特に注意が必要です。外の暑さで汗をかき、そのままエアコンが効いた室内に入ると、汗が蒸発する際に体の熱も奪い去っていきます。その結果、必要以上に体温が下がり、冷え性になりやすくなってしまいます。

 

夏の冷え性には、いろいろな症状が現れます。
・肩や腰の痛み
・おなかが痛い
・手足がしびれる
・集中力がなくなる
など、夏バテと重複する症状なども多いのが特徴です。また、夏には暑さをしのぐために冷たい食べ物を良く食べる機会も多いですよね。そうした食べ物によって、体の内側からも冷え性が悪化してしまうことが多いようです。

 

快適なオフィスで仕事をしている人に多い夏の冷え性。本来なら冷え性は圧倒的に女性に多いのですが、夏の冷え性は男性にも意外と多いといわれています。体が冷えると他の疾患を引き起こすリスクも高くなってしまいますから、できるだけ暑い季節にこそ体を冷やさないような工夫をすることが必要なのかもしれませんね。

 

夏ん冷え性を予防するためには、まずエアコンの温度設定を少し高めにしましょう。また、エアコンの風が直接当たる場所に座らないように意識したり、オフィス内では「涼しいな」ではなく「温かいな」と感じるような服装を心がけることも必要です。カーディガンを羽織るだけでも、肩の部分を温めることができるので、冷え性を予防する効果が期待できるようですよ。

 

暑い屋外と寒い屋内を出たり入ったりしていると、自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます。それが別の疾患を引き起こすこともありますし、冷え性が慢性化すると完治するのに時間が長くかかってしまいます。そのため、冷え性はかかってから治療するのではなく、冷えないように予防することが何よりも大切です。

 

お得な冷え性対策商品をアマゾンで探す!

 

冷え性対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる