冷え性を解消するためには、体を冷やさないように温かい服装をしたりして体のそとから冷え性を改善するための工夫も必要ですが、体の内側から冷え性を改善する対策も必要です。体の内側から冷え性を改善できる理想的な方法といえば、そう、毎日食べている食べ物を工夫するという方法です。

 

冷え性を改善するためには、体を冷やしやすい食材はできるだけ避けて、体を温めたり血行を良くする働きがある食材を積極的に食べるようにしましょう。

 

・体を温める効果がある食品
にんにく、しょうが、ねぎ、などの香辛料や調味料など。

 

・ドロドロの血液を改善して血行促進効果が期待できる食品
根菜(ごぼう、こんにゃく、にんじん、山芋など)、塩辛い食品(しょうゆみ、みそ、たくあんなど)

 

冷え性を改善できる食品には、ほかにも肉類やチーズ、貝類などの食品がありますが、欧米の食卓に並びそうな食材の多くは、体を温める効果があっても血液がドロドロになりやすく、別の生活習慣病の原因にもなりやすいといわれています。そのため、総合的にヘルシーな血液になりたい場合には、できるだけ和食で摂取できそうな食材を選んだほうが良いでしょう。

 

一方、「陰性の食品」と呼ばれる食べ物は、体から熱を奪い取る働きがあり、暑すぎて体温を下げたいときにおすすめの食品です。しかし、冷え性の人が食べると体がさらに冷えてしまうので、冷え性を改善するためには、できるだけ避けたほうが良いといえるでしょう。

 

陰性の食品には、
・生野菜
・ナッツ類
・フルーツ
・コーヒーや紅茶などのし好品
・スナック菓子
・牛乳やアイスクリーム
・海藻類
などがあります。

 

しかし、陰性の食べ物をすべて避けていると、普段の食生活が成り立たなくなってしまいますよね。そのため、陰性の食材を食べるときには、できるだけ熱を加えたりして温かい状態にしてから食べるように工夫するとよいでしょう。お菓子やアイスクリームなどは高カロリーですし生活習慣病の原因にもなるので避けたほうが良いかもしれませんね。

 

お得な冷え性対策商品をアマゾンで探す!

 

冷え性対策商品 当サイト人気ランキングを見てみる